[news]ビジョナリーHD、眼鏡・サングラス輸入卸販売のVISIONIZEを買収

人生百年時代が来ると言われている昨今、健康寿命を延ばすことは非常に重要ですね。
「眼」が健康であることも、生活の質を高めるために欠かせません。
その健康を補う眼鏡やサングラスといったアイウェア市場は今後伸びていくかもしれません。

株式会社 VISIONIZE 株式の取得(子会社化)に関するお知らせ
当社は、本日開催の取締役会において、株式会社 VISIONIZE(以下、「VISIONIZE 社」といいま
す。)の株式を取得することを決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.株式取得の理由
当社グループは、平成 26 年 6 月に眼鏡・コンタクトを販売するにとどまらず、眼の健康寿命を延ば
すために必要なあらゆる解決策(=商品・サービスやアドバイス)を提供する企業として「アイケアカ
ンパニー宣言」を掲げ、アイケアに注力した商品・サービス展開とその拡充を図ってきました。PC や
スマートフォンなどに代表されるビジュアルディスプレイターミナル(VDT)に依存した生活時間の増
加や、高齢化社会の進展による老視(いわゆる老眼)を有する消費者の増加を背景に、アイケア重視の
サービス型店舗モデルに転換し、その発展系として目の健康プラットフォームを通じた事業規模の拡大
及び事業領域の拡張を進めております。
また、当社グループが掲げるアイケアを更に拡充・先鋭化させるとともに、店内装飾を上質にし、パ
ーソナルな空間を確保した店舗レイアウトにより、心地よい空間で安心して検査やお悩みをご相談いた
だけるよう配慮した「次世代型店舗」をアイケア事業における成長戦略の中核と位置づけ、順次リニュ
ーアルを進めております。
一方、VISIONIZE 社は、平成 23 年1月に設立されて以降、世界トップブランドのアイウェアを手掛
けるマルコリン社(イタリア)の日本総代理店として、眼鏡等小売市場における盤石な顧客基盤を保有
し、ブランド力を高めるプレス、マーケティング活動や輸入・品質管理・納品管理などのロジスティッ
ク面において強みを有しております。また、眼鏡、サングラスの販売を行う「EYESTYLE」を都内
(神宮前、新宿、銀座、丸の内)4店舗、名古屋1店舗にて展開しており、ファッションに重きを置く
消費者のニーズを的確に捉えた店舗開発、並びに商品展開にも強みを有しております。
今回の株式取得により、当社グループの目の健康プラットフォームと VISIONIZE 社の顧客基盤との
連携、各社の強みであるアイケアサービス、ブランド商品調達等の相互供給や、高付加価値型店舗の共
同開発・出店等を進め、中長期の柱となる成長領域を創出し、持続的な企業価値の向上を目指してまい
ります。

詳細はこちら。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1609396